日本の文化と心

  • 2019.10.27 Sunday
  • 15:11

皆さんこんにちは!

ハロウィンブログたのしんでいただけましたか?まきとです。

 

 

突然ですが皆さん!

 

皆さんは人に贈り物をするとき、どんなことに気を付けますか? 

 

どれぐらいの値段のものを送ろう、相手は喜んでくれるだろうか・・・。

 

たくさん考えないといけないことがありますが、僕が一番悩んでしまうのは

 

なんと言っても「ラッピング」です。

 

 

 面白いことに、私たち日本人はむき出しで物を持つことを嫌うそうです。

 

ましてや人にものを渡す際であれば、「見えない形にして相手に渡したい」

 

という心情が働いてしまうのです古くから日本人は懐紙や風呂敷を携帯

 

し、常に「包む」という行為が生活に密接にかかわっていました

 

 

 

 明治時代から戦前まで、教科書には「折方(おりがた)」という礼法が

 

乗っていました。

 

折方とは上級武家の間で秘伝として使われていた包みの手法です。扇、筆、

 

新茶、お金など対象物の形に合わせて包んで折る方法を学びます。手間は

 

かかりますが、「包む」という行為は

 

「紙を折る行為にかけた時間こそが相手への最大の贈り物」

 

と考えれば、至極当然のことでありました。

 

 

 

海外でも、包装することはありますが、包むよりも箱に入れることの方が

 

一般的のようです。

 

つまり、海外での包装する技術は日本ほど優れているとは言えないのです。

 

海外の人たちから見ると、日本の包装が非常にクリエイティブなものに

 

映ることもあるそうですよ。

 

 

 

 

このように「包む」という日本の文化は、昔から日本の心といっても

 

差し支えのない文化なのです。

 

「包む」・・・この言葉を聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

 

そうです・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「春巻き」ですね!!!!!!!!

 

 

 

今回はイベントのご案内です!

 

<クッキングサークル>

 

日時  11/2(土) 14:00〜

 

場所  水月児童文化センター

 

対象  いけだ市内の小学生

 

メニュー  「焼き春巻き」

 

参加費  100円

 

定員  先着10名!!

 

 

 

 

先日水月では、試作会が行われました。その様子を少しだけ紹介

 

 

材料を刻んでいる様子をおしゃれに撮影しています。(笑)ネギがみずみずしいです。

野菜もたっぷりで栄養抜群!しいたけも細かく刻むので苦手な子でも大丈夫!!

 

僕と一緒にメニューを考えてくれているボランティアの「ゆっきー」です

当日も優しくみんなに教えてくれます。

 

自分の好きな大きさで包めますよ?

 

油で揚げず、トースターで焼くので、小さなお子さんでも安心です。

 

特製レシピもお渡しするので、お家でも簡単につくれるようになりますよ!

是非、お家でも一緒につくってみませんか?

 

申し込みはお電話(072-761-9233)か、直接事務所まで!!

 

みんなで一緒に、レッツ!キッチング!!!!

 

 

〜引用文献〜

キムラ容器株式会社 日本の文化「包む」 日本の包装の歴史

雑誌「和樂」 2013年8・9月号

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 児童文化フェスタ こいのぼりシューティング byあやっぺ
    daichan (05/27)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM